〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

対話の記憶

f:id:tavigayninh:20180818090719j:plain

 

教授:「クチキ君、きみは右翼なのかね!?」

ぼく:「先生、ぼくは主翼です!」

 

遠い昔の対話の記憶......

三葉機のフォッカーの主翼ってどれのことなのかな、カナ、西野カナヽ(´▽`)/ 

ロータリーエンジン*1って本当にローテート(回転)してたんだよ!

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

 

*1:写真はロータリーエンジン搭載の第一次大戦ドイツ戦闘機フォッカーDr.I です。絵でもエンジンが回転している様子がわかるでしょ。このユニークなフォッカーのパイロットは ヴェルナー・フォス(Werner Voss )少尉、1897生-1917没......  ええ?二十歳で死んでるんだ!愛機フォッカーのカウリングに描いたおヒゲのお顔こそは彼が幼少期にドイツ西部のクレーフェルトでいとこと一緒に飛ばして遊んだヤーパンの「奴だこ」がモチーフなのだよ。英語のWikipedia「Werner Voss」項から抜粋:"In late August 1917, the rotary engine F.I prototype was assigned to Voss as his personal aircraft. In his childhood, Voss had flown Japanese fighting kites with his cousins in Krefeld; the decorations on the kites gave him the inspiration to paint the nose cowling of his triplane with two eyes, eyebrows and a moustache."