〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

マネジメント

マネジャー・リーダーの力

やりすぎはいかんのですよ。

アン・マネジメントとアン・リーダーシップ (un-management & un-leadership)

自分にとって「働くこと」とは何か?を考え続けることですね。

「指示」について

広い裁量を与えて、仕事を任せて、うまく動いてくれればそれに越したことはないのですが。

「義理と人情、やる気と掟」・チームの体力

意余って力たらず、な状況からの脱却を目指すのである。

誰がどうリーダーシップを発揮すべきか?

リーダーシップの話をするんだ。ちょっとは嫌なことにも触れざるを得ない。

リーダーシップについて

昔のメモをみながらまとめて書いているんですけど。本当勉強になりました。

マネジャーの資質について

必要なのは「リーダーシップだ!挑戦だ!」とかは言わない。独創だから。

マネジャーの資質と技術

サブスタンス(実質)とプロシージャー(手続)という考え方に基づいています。