〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

SDGs ESGの時代 サプライチェーンにおけるCSRの推進(動画つき)

任天堂でのCSR調達 サプライチェーンへの展開 そこから学んだこと」についてです。

f:id:tavigayninh:20190610054944j:plain

M&Aのリーガル・デューデリジェンスとは違って、CSR/コンプライアンス監査では、全貌を徹底的に洗い出すことは不可能である。サンプル調査であるから当然のこと。だってせいぜい数人のチームで、一日、長くて二日の現場監査だもの。デューデリは到底無理ですよ。現実にできる範囲で、できるだけカバーするようにする。「デューデリ」という言葉もずいぶん幅が広がったなあ、というのが正直な感想です*1

 

   f:id:tavigayninh:20210916045250p:plain

ぼくが任天堂に勤めていた2009年のことだと思う。最初に海外のとある工場のCSR/コンプライアンス監査に出かけたとき、担当者は分厚いチェックリストを手元に監査をすすめていた。ところが、夕方になってもいっこうに終わりそうにない。

いつまでやるの?

その分厚いチェックリストを見ようみまねで作った担当者本人がどこまで、どんな精度でやって良いのかわからないのだ。30台半ばの人だったかな。

法令遵守・人権尊重が一つのテーマであったコCSRンプライアンスの観点からの工場監査なんだもの。時間外勤務、休日/有給休暇取得、給与、社会保険、労働安全対策、生活環境(社員寮や社宅)、社員食堂と食事内容、そんな重点項目のサンプル調査を行えば良いんだよ。

17時までの時間内に終えなさい。CSR/コンプライアンス監査で残業を強いるのはありえませんから。

誰かがそう言ってあげなければならなかったんだろうし、それは上司であるぼくの役割だったと思う。訪問先で対応してくださる方々に、監査のために残業などさせるべきではない。時間外労働や社員の負担を出来るだけ減らしなさいって指導してるんだもの。

サプライチェーンへ人権意識を含めたCSR/コンプライアンスを浸透させるのは、発注元の責務である。2009年の当時はそんな言葉はなかったが、もし、SDGsやESGへの意識が十分でないなら、その点についての対話も行うべきだろう。発注元が行うCSR監査がきっかけになって、議論を深めていただきたいとの思いもある。

そう考えてみると、CSR/コンプライアンス監査は、「悪いところを見つけて、減点してやろう」という考え方に基づいていてはいけない。
改善点を見つけて、考え、より良い職場にしていくこと。
これが目的となるべきである。

その意味で、当時の任天堂製造本部長だったNさん*2の言葉は正しい。


監査、やて? おこがましいわ。『確認させていただきます!』やろ!

以来、ぼくたちは「CSR監査」とは言わず「CSR確認」と言葉を改め、対話を重視する方針が固まった。工場現場や運営を確認して、対話の中から目線や意識を合わせていく手法である。これは間違ってはいなかったし、さすがNさんだなあ、と今でも思っています。

 

動画:「任天堂でのCSR調達 サプライチェーンへの展開 そこから学んだこと」
是非ともご覧ください。

www.youtube.com

動画では国名地名を全然間違えていました。工場崩落事故は2013年バングラデシュの首都ダッカでのことです。(パキスタンとはインドを挟んで反対側やん!恥!)

   

  f:id:tavigayninh:20210916082722p:plain

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

ハラスメントをされる方にも問題はある?← ないです!

 f:id:tavigayninh:20210909155113p:plain

先日、ある人が「ハラスメント被害者は、その人に全く問題がないかというと、そうとも言えないケースが多い」的なことを言っていて、それはまずいな、と思いました。

もちろん被害者の人権の観点から、加害者としてそんな意識を持つことは許されない。なにか過失相殺のような考え方をハラスメントに持ち込むべきではないと思う。

実は、ハラスメントの問題を職場で解決するときは、どちらが何割悪いかを考えることではなくて、どうやったら被害者の精神と身体の傷を癒したらいいのか、という点が一番重要で、同じくらい重要なのは、問題行為をどうやったら排除できるのか(やめてもらうのか、再発させないのか)ということである。ぼくたちの職場は法廷ではないし、ぼくたちの日常は裁判ではないのだから、どちらがどれだけ悪くて、それに対する処罰や損害はどのくらいか、を決めることではないのだ*1

行為者も、被行為者も、会社の貴重な人材である*2

 

f:id:tavigayninh:20210909155837j:plain

おだやかに生きたいにゃ

もうひとつ、もし会社の研修で講師が「ハラスメントは被害者にも非がある場合がある」と話していたとしたら? そしてそのことがパワハラ裁判の原告側(被害者)の証拠として提出されたら?

『パワハラ行為者は会社で受講した研修により自分には正当な理由があると信じて卑劣なパワハラ行為を繰り返していたと考えられる』

原告側の代理人はそう言って、会社側の責任の連帯性をより強く主張してこないだろうか?

 

動画を上げました。

www.youtube.com


「相手も悪いけど、君にも悪いところはあるよ」
そういう解決方法を好む人が多いことは知っているが、ことハラスメント(セクハラ、パワハラ)になると、それは間違いだと思う。

©️ 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~

 

*1:究極にはそこに行き着くかもしれないが。

*2:だからあえて加害者/被害者とはあんまり言いたくない。

かりそめの場所 かりそめの時間

f:id:tavigayninh:20210908052541j:plain百花斉放
引蛇出洞

毛沢東の言葉である*1

 

f:id:tavigayninh:20210908052605j:plainイギリスの植民地であることが嫌だと思ってたら
清朝時代よりももっとひどいや
デッカい大蛇が出てきてしまった*2

 

f:id:tavigayninh:20210908052844j:plain働き方改革
副業解禁
リモートワーク、テレワーク、ワーケーション
地方移転

いろんなことが自由にはなるだろうけど
そのあとどんな世界が待っているか
よく考えた方がいいと思う

 

f:id:tavigayninh:20210908053146j:plain状況が変わったときの
不利益を想定して
その不利益への対応ができるのかどうか

今謳歌しようとしているその自由は
勝ち取ったものではなくて
与えられたものではないのか?

f:id:tavigayninh:20210908053725j:plain

逃げ出す人もいれば
受け入れる人もいる
some gotta win
some gotta lose
good time Charlie's got the blues *3
万物流転
香港だけではないな。

かりそめの場所
かりそめの時間

©️ 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~

*1:自由なんだよ、とささやいて、いろいろ意見を言わせてみると調子に乗って隠していた本音を漏らす敵対勢力がひょいひょいと穴から出てくるんで、かたっぱしから叩き殺せば良い、の意味。こんな謀略家をヒーローとして崇めた当時の若者ってば。日本だけじゃないぜ。

*2:もちろん時代錯誤の中山服を着て、湖南の毛の威を借りているあの人である。偉大な読書人李鴻章もあんなのが出てくるとそこまでは見切れてなかったかな。それとも「小倭人よ、あと100年先を見てご覧」と、呵呵大笑するだろうか?

*3:Danny O'keefe 1967, E. Presley 1973 Got Ttimes Charlie's Got The Blues