〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

罰則規定は不要じゃないかな

今、あるドロドロの弁護士・法廷のテレビドラマを観ているのですが、敵役の検事のきめセリフが次のようなものです。*1

秩序は法律ではなく、罰則によって維持されているのだ

あんたは、戦国秦の商鞅か!*2

 

f:id:tavigayninh:20200113064233j:plain

 

2019年(令和元年)にいわゆるパワハラ対策法が成立して、2020年度から施行される。今まで、パワハラを規制する法律がなかったので一歩前進とは言えるが、罰則規定がないという有力な批判もある。

 

ところがね、ぼくはこう思う。

1. 違法行為(犯罪行為や不法行為)は行為が抵触する法律で処断されるべきであり、

2. そこまで至らない行為は、各企業でそれぞれの判断で処分されるべきである。

 

パワハラ対策法が成立した後、厚労省は従来のパワハラガイドラインをもとに、指針を作ったが、指針に定義するパワハラが狭すぎるという批判が相次いだ。

 

f:id:tavigayninh:20200113065222p:plain

狭義のパワハラと広義のパワハラ

厚労省の指針は狭義のパワハラを示しているだけで、そんな真っ黒なものだけがパワハラじゃないだろう、という批判である。

 

しかしね、各企業が自らの責任と判断で広義のパワハラを定義して(厚労省の指針はとても参考になる)、相応の罰則もその企業企業で独自、自主的に決めて判断すればいいのではないかな。ぼくはそう思う。

罰則と書いたが、企業として行為者を処分まではしないものの、とりあえず不適切な行為であるから、その行為は止めてもらう・繰り返さないでもらう、 そんな対応もありうるだろう。

 

冒頭に書いた、中国の戦国時代、秦の法家であった商鞅は、自分の作った法律と罰則によって捕らえられ処罰されたという。

 

政府の指針を待たずに各企業での自主的対応は可能だと思うし、それこそがあるべきコンプライアンスだと思う。お上(政府)に罰則付きの法律を作ってもらえなければ、対応できないというのでは情けないし、経営の責任回避ではないか。

 

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:悪魔の弁護士 御子柴礼司 - 2020年東海テレビ

*2:法家です。

ある清掃員さんのこと

先日、若手男性(30代)ビジネスパーソンといつもの仕事の話を小一時間ほどしてから、雑談タイムに入った。仮に「N-くん」としよう。

N-くんはジムビームの薄い水割り、ぼくは本麒麟。つまみは、フランクフルトソーセージにキャベツの千切り(シーザーズドレッシング)である。

 

N-くんが始めた話はこうだった。

 

f:id:tavigayninh:20200114081752j:plain

 

N-くんの勤めるIT会社は都内のビルのワンフロアを借りている。定例会議の後、上司の部長からフォーマル/インフォーマルな話を聞いたり、進行中案件のフォロー情報を入れたりするために、喫煙ルームで雑談的な話をしているそうだ。部長さんは喫煙者だが、N-くんはタバコを吸わない。にもかかわらず喫煙ルームまで追いかけて行くのは「タバコ部屋の情報って、結構役に立つからなんですよ」だそうだ*1

 

ビルの管理会社は、清掃員さんを何人か雇っていて、彼の会社のフロアを担当している男性清掃員(50代なかば?)はちょっと変わった人らしい。

喫煙ルームの灰皿を交換したり、フロアに掃除機をかけたりするときも、人がいようがいまいが全然お構いなし。マイペースで作業を進める。「すいません、ちょっとよろしいですか」の言葉はもちろん、笑顔も何にも全くない。かといって白髪まじりの短髪もきちんとしていて、不潔な感じもない。ちょっと不思議な雰囲気な清掃員さんだそうです。

月水金と週三回が作業日になっている。

 

ある週末の金曜日の午後、いつものように定例会議が終わって、上司の部長を追いかけてN-くんは喫煙ルームに入り、雑談というか打ち合わせというか仕事関連の話を部長としていたところ...

 

喫煙ルームと廊下を隔てる大きなガラス窓があるんですよ。

そこにね、蛾が一匹止まってたんです。そこそこ大きい蛾でしたよ。7センチ?いや、10センチぐらいだったかな。廊下側からとまっていて、喫煙ルームからは、その蛾のハラとか足とかがよく見えましたから。部長も何も言いませんが、おっきな蛾がとまっているのは気がついてました。

 

おっきな蛾だな〜、と思いながらも、部長と談笑していると、廊下の向こうから、カートに入れた掃除具を押しながら、その不思議な清掃員さんが喫煙ルームに向かってきた。

 

もちろん、ガラスにとまったおっきな虫には気がつきますよ〜

 

N-くんは話を続けた。

 

でね、清掃員さんは、喫煙ルームに入ってくる前に、気がついたんでしょうね、向こう側からガラスにとまってる蛾に顔を近づけたんですよ。10秒程かな、無表情で蛾にすごく顔を近づけて、じっと見つめていたんです。

 

喫煙ルームにいたN-くんも上司の部長も、話をやめたそうだ。大きな蛾とそれに顔を近づけて無表情に凝視する清掃員さんから目が話せなくなった。すると...

 

清掃員さんは、蛾に『ホ〜〜〜〜〜!』と息を吹きかけたんです!

 

え?追い払うために、ふっ!と息で吹き飛ばそうとしたんじゃないの?

 

違いますよ、口を大きく開けて、 『ホ〜〜〜〜〜!』って感じです。

 

どした? 蛾はびっくりして飛んでった? まさか、口の中に入っちゃった?

 

違いますよ、とN-くんは続けた。

 

蛾はね、一瞬もがいたのち、ぽろっと落ちました

死んだんです!息を吐きかけられて!

 

... 都会には、まだまだ人智の及ばないイキモノがいる。

ぼくたちは、ただそれに気がつかないだけなのかもしれない。

  

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:すげえな、キミは。ぼくにはできません。

仕事を任せるのは難しいね

ベンチャーの経営者の人がこうこぼしているのを聞いたことがある。

創業時には優秀な人が集まってきたんだけど、仕事が軌道に乗ってきて5年目ぐらいから採用に力を入れ始めたら、凡庸な新人しか集まらなくなった。

f:id:tavigayninh:20200111160733j:plain

実は、それは採用された人の能力の問題ではなくて、ベンチャーの立ち上げ時、何でもやらなきゃならないそんなカオスの状況が人を育てるのだと。ある程度、仕事が軌道に乗ってきて、後から入ってきた人たちは、先輩や上司がいるので、仕事を任されることが少なくなったり、自分の能力を超えるような難しいことを要求されることが少なくなるからなのだと。そんな説明も合わせて聞いた。

 

それはそうかもしれないな。
でも、経験の少ない人に仕事を任せるのは、実は、先輩や上司としてもとっても難しい。

 

以前、M&A案件である企業を買収するときのデューデリを行ったときのこと*1。 顧問の事務所の弁護士さんと一緒に、ぼくらの法務部門が調査にあたるのだが、担当として送られてきた弁護士さんが、実は修習を終えたばかりの新人さんでした。だから、こちら(買収側)としては、M&A案件には慣れている中堅の A-くん(30代半ば)に主担当をお願いした。

 

調査も進んで最終段階、買収先企業の幹部にインタビューをすることになったとき、主担当のA-くんがぼくに意見具申してきた。

 

インタビューは新人弁護士さん主導でやってもらいましょうよ。

 

ちょっとひっかかる提案だったけど、A-くんの意見を尊重して、インタビューは任せることにした。A-くんとぼく(法務室長)も同席のもとである。

 

ところが、と言うか、やっぱり、と言うか、あまりうまいことインタビューが進まない。ふと A-くんの様子をみると、目を吊り上げてイライラしている様子が伺われる。案の定、休憩時間になると「ダメですよ、あんなのじゃ!」とぼくに言ってくる。自分が交代すると言い出したのだ。しかし、ぼくは却下した。

 

新人さんに任せると言ったのは君だよ。今、交代させたら、彼はどう思うかな?

 

時間もかかったし、100点満点とは言えなかったけど、新人弁護士さんは、何とか数人の幹部のインタビューを終えることができた。A-くんはと言えばたいそう不満そうで、数日間は機嫌が悪かったけどね。

実はA-くんは、そもそもが新人弁護士がデューデリ担当して送り込まれてきたことが気に入らなかった。T-大出で、この仕事が終わってから米国留学が決まってるのも気に入らなかった。書類を審査しながらデスクでランチしたりとか、そんな「しゃれた」態度も気に入らなかった。気に入らない若造だったから、意地悪のつもりで、ちょっと無理目のインタビューをさせてみよう、できなくてオロオロする新人弁護士をみて笑ってやろうと思っていた*2。ところが、実際にやらせてみると、思ったよりももっとずっとできなかったので、今度は主担当の自分の責任になるかとイライラし始めた、と言うわけだった。意地悪が自家中毒を起こしちゃったわけだ。

 

A-くんは仕事はできるんだけど、ちょっと変な劣等感や猜疑心が強くて*3部下に仕事を任せられないタイプだったので、いい機会だとは思ったのですが、この小さな事件の後も、自分で仕事を抱えるクセは治らなかったですね。

 

仕事を任せるのも、難しいものです。

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:due deligence

*2:とぼくは推察していたんです。

*3:仕事や勉強での苦労が悪い方に出てしまったのだな。