〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

シュウマイ、マイ・ラブ(愛しの焼売)

横浜の中華街の外れ、路地を入ったところにその店?はある。実際に看板などは出ていないし、そこでは飲食はできない。昭和30年代に建てられた一棟の三軒長屋。両隣はすでに立ち退いている。引き戸をひいて声をかけると、女学生のころ学徒出陣を雨の中傘もささずに見送ったと言うのが一つ話の老婆が、愛想笑いをしながら乱杭歯を見せる。

六個入りだね? ひひひ、ひひひ...!

 

谷崎もこの店のシュウマイを愛したと言う。ここ横浜からわざわざ京都は南禅寺まで、開通したばっかりの特急「ツバメ」で届けさせたと聞いたことがある。まことしやかな嘘だろう。

 

f:id:tavigayninh:20190417054129j:plain

 

老婆に代金を払い、路地を抜け、明るい通りに出た。たまらず蓋をあけると... 

五個しか入っていない!

確かに店で六個、箱に詰めていたのに?
とりあえず蓋を閉めて、深呼吸... もう一度蓋を開けてみると...

四個だ!また一個減っている?

胸がドキドキする。足が震える。もしやあの老婆は...?

恐怖から、声が出ない、声が、声が...!

キャー!!!!

 

シュウマイが蓋に張り付いていた!

 

+++++

ごめんなさい、ごめんなさいヽ(´▽`)/ 

 

f:id:tavigayninh:20190417054745j:plain

先日、所用で神奈川に出かけた帰り、駅で売ってたの。ポケットシウマイで良かったんだけど売り切れてたから、特製シウマイ。

頑張った自分へのゴホウビよ。

 

f:id:tavigayninh:20190417054513j:plain

蓋に張り付かないように工夫がされているのね。お醤油差しもひょうちゃん。今のこのスタイル(肩の穴からお醤油が出る)は三代目だと言う。三代目ショウユブラザーズ。

 

f:id:tavigayninh:20190417054547j:plain

ちょっと大粒?

 

f:id:tavigayninh:20190417054617j:plain

このひょうちゃん、ぬあんとなくワタクシに似ていなくもない。

 

f:id:tavigayninh:20190417054644j:plain

本麒麟と特製シウマイの幸せ。

 

f:id:tavigayninh:20190417054713j:plain

740円。ちょっと高いけど、美味しい。

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

メガダンス 46・ホッテル、モッテル、ぞんぞんゾンビヽ(´▽`)/

f:id:tavigayninh:20190414073052j:plain

 

始まってそろそろ2週間。みなさんすでに二三回はやらはりましたか?メガダンス の新曲。46番でございます。

その中で2曲、特に好きなものをご紹介。

 

hotel room service 「こんなホテルはねえですだ」
mr. worldwide pitbull

www.youtube.com

 

この曲、ボディジャムにもあったよね。bodyjam #55、あれま、2010年のナンバーだ。そんな昔だっったけな。

 

はい、もう一つ。

 

rave in the grave 「ばあちゃん、死んでも大騒ぎ♪」
aronchupa & little sis nora

www.youtube.com

ほぼほぼ「rave in the grave 」のリフレイン。

 

ゴゴゴ、ゴリラの「コニチハ〜!」以来の楽しさでゴンス。 

 

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

 

もしやあなたは?・タンタン麺の謎

部屋で一人、「タンタン、タンタン麺〜🎵」とはしゃいでいると、和服に総髪、実に堂々とした初老の男性が、ゆらり、と現れた。

「主人、本当のタンタン麺を知らぬようだな、明日、同じ時間にここに来い...!」

 

ここって、ぼくのアパートなんですけど...

 

f:id:tavigayninh:20190407123646j:plain

 

「ラ王の『汁なし担々麺』はなかなか悪くはない。だがこれは、まだまだ『至高のタンタン麺』としては認められぬ」

 

翌日の同じ時間、ゆらり、と現れた総髪、和服の男性は、そばに控える角刈り目の鋭いひとめで一流の料理人と分かる男「N川」に目で指示を出した。N川が取り出したのは、豚バラ肉の切り落としとニラである。

 

f:id:tavigayninh:20190407124048j:plain

 

N川の指導のもとぼくは肉とニラを刻む。

 

f:id:tavigayninh:20190407124142j:plain

 

バラ肉を炒める。テフロン加工のフライパンは買い換えたばかりなのだ。N川は黙って見ている。和服・総髪の男性は厳しい表情を崩さない。

 

f:id:tavigayninh:20190407124259j:plain

 

肉が軽く炒まった上に、ニラをのせる。

 

「火を消せ!ニラに火を通しすぎるのではない!」

男性から鋭い指示が飛ぶ。肉を炒める直前にお湯を注いでいたカップタンタン麺。ちょうど4分、男性の指示通りメーカー指定よりも1分短い。湯を切り、タンタンのタレを混ぜる。

 

「この丼にトングで麺を盛れ!タイミングを逃すでない!」

和服のふところから取り出した無印の丼はちょうど頃合いに温まっている。丼を汚さないようにトングで麺を丼に移す。盛られたてっぺんを少しへこませ、そこに炒めたバラ肉とニラを手早く、しかし、そっとのせる。

 

「カップに余っている『タンタンたれ』をその上から注ぐのだ!」

またもや鋭い男性の指示。なるほど、カップには大さじ二杯分ほどの「タンタンたれ」が残っている。
はっ! もしや、あなたは...?

 

f:id:tavigayninh:20190407124826j:plain

至高のタンタン麺...!

「ぬうぅ、それで良い...」

 

できた...! 逆上して、タンタン麺をすするぼく。ふと気がつくと、二人とも部屋にはもういない。

 

もしや、もしやあなたは、K原U山、せ、先生では...?!

 

せんせ〜い! カムバ〜ック! タンタン麺は、ぼくが守るよ〜!

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~