〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

変な人・オレも気をつけよっと

f:id:tavigayninh:20181024065018j:plain

いいのかな?

今年、2018年2月半ばに会社をやめたわけです。もちろん上司や人事、仕事上関係が深い人たちには半年から数ヶ月前にちゃんと話を通しておいたのは当然のこと。

社内一般に話をしたのは、約一ヶ月ちょっと前、年が明けて「おめでとう」も言わなくなった頃でした。そのくらいでちょうど良かったですね。

 

大抵の反応は、「辞めちゃうんですか〜!」でした。定年の60歳をちょっとフライングして退職したもんですから。もちろん何も言わない人もいましたよ。もしかしたらぼくが辞めることを知らなかったのかもしれない。

 

その中で、一人だけ、ちょっと年上なんですけど、かつて部下だった男性。役職定年後も雇用継続で働いている人でした。それは人それぞれだと思っています。たまたま、終業後の帰宅時間に出口で出くわすと、すすすっとすり寄ってきて;

 

「ええ?聞いたよ? 辞めるんだって? いいなぁ、オレも辞めたいよ。なんで辞めるの? なんかしでかした?」

 

ニヤニヤ笑いながらこう言ってきました。妙な好奇心があったんでしょうね。彼と話をするときは、当然ですが彼もぼくもずっと一応敬語・丁寧語のデスマス調で話していたんです。それが、そのとき、急に、いわゆる「タメ口」ですよ。いや、それよりももっと雑な話し方でした。

 

- いや、ぼくのことは気にしないでください。

 

そう答えたんです。ぼくも彼の物言いにちょっとカチンときたしね。そしたら、彼は一瞬びっくりして、足早に立ち去ったんですが、よほどぼくの反応が気に入らなかったらしく、わざわざ戻ってきて、こう大声で叫んだんです。路上ですよ。

 

「気になんてしてないよ! あんたのことを気にするわけがないじゃないか。全然気にしてないんだよ!」

 

周りを歩いてる人たちは何事だろうとびっくりしてました。相当な大声でしたから。ケンカでも始まったと思われたかもしれない。

 

それ以上関わるのがイヤだから、ぼくは回れ右して、その場を立ち去りました。

いろんな人がいるから、これからはもっとこういう人に会うんだから、注意しなきゃなって、とっても勉強になりましたヽ(´▽`)/ *1

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッター:https://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

 

*1:そうだ、あともう一人「送別会やらなきゃ、やらなきゃ!」って大騒ぎして、全然そんな動きはしないし、退職日に挨拶に行ったら「蓄財も十分になさったんでしょうから...(笑)」って、あんた、人格がわかるね〜。この人に送別会やってもらわなくて良かったよ。

会議が終わったらすぐに退出する

f:id:tavigayninh:20181022063924j:plain

 

ぼくは会議が終わったらすぐに会議室から退出することにしている。 いったん決まったことがらや方針を「やっぱりあれはですね...」と微妙に変更を申し出られたりするのがいやだからだ。

一方で、会議が終わってもその場にゆっくりと残って、アフター会議の交流や情報交換を大切にするタイプの人もいる。

 

どっちがいいんだとか言う話ではない。交渉ごととか仕事の仕方って、やっぱり人によって違うんだから、これがこうでこれが正しいって話じゃないんでしょうね。

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッター:https://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

 

保険をかけてはダメ

会社で働いてたときに、こいつダメなやつだな、って思うタイプの部下、だけじゃないな、上司にもいたけど、「保険をかける」タイプの人間。

 

f:id:tavigayninh:20181021071409j:plain

 

「数量一万五千で発注かけてもていいですね?」

「相手がたのこの提案の妥協案はこれで合意していいですね?」

 

承認・承諾を取ろうというわけなんだけど、それ以上に、「自分が決めたんじゃないです、あなたがOKしたんですよ」と将来何かあったら言おうとしているときがあるのですね。

 

自分の裁量を超えているから、上司であるぼくの意向を確認して承諾をとっておこうというときと、自分が責任を取りたくないから、なんかのときには誰かのせいにできるようにと保険をかけているときは、だいたいわかるの。

保険をかけている。自分では巧妙にそうしてるつもりなんだろうけど、だいたいわかるよ。

 

新入社員や若手ならまだしも、だんだん責任の範囲が多くなって、自分の裁量も広がってきたならならそんなことしちゃダメだと思う。 ましてや課長、部長になったら、もうだめだとおもう。

 

脇が甘いって言われようとも、そんな保険ばっかりかけてる奴とは仕事をしたくないな。

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh