〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

ヨーロッパとは何か?

学生の頃、西洋史の授業で「ヨーロッパとは何か?」を学んだ。ギリシャ、ローマから発展して、ゲルマン大移動と膨張する中、イスラムとの相克の中で「ヨーロッパ」が確立していくという考え方、だったように思う。

 

f:id:tavigayninh:20190319133009j:plain

ソビエト国策映画「ヨーロッパの解放」大迫力のラストシーン

 

ヨーロッパとはイスラムに接触することで確立したという考え方は一つの説なんだろうけど、とても説得力があった。ぼくも青春二十歳、まだまだこれからという時期でしたしね、なはは。

 

てなこと言っちゃってえばってったってさ、初めて外国に行ったのが就職した年の1984年。ちょうど24歳になるちょっと前のことだったもの。もっと若いときに行っていれば良かったな、とも思ったけれども、無理だったろうな、とも思う。

 

自分とは異質なものに触れて初めて、自分のことがわかる。英語を勉強してみて、日本語が分かる、漢文を勉強してみて、和語が分かる。

 

京都だけに住んでいちゃ京都のことはわからないと思う。同じように、東京だけに住んでて暮らしていても東京のことは分からない。

 

東京で生まれて育ったのがそんなに偉いんですか?

 

失礼な話だが、実際に言われたことが何度もある。

 

うん、そうだよ。

 

ぼくはそう答える。〇〇が偉いとか偉くないとか、そもそも間違っている上に不幸なものの捉え方・発想だ。他の人が偉いとか、自分が上だとか常に考えてるのじゃないかと思う。

ほんとは、東京で生まれて育ったことが偉いとか、そういうことを言いたいのではなかったんでしょうね。ぼくが理不尽に態度がデカくて偉そうだったのが気に入らなかったんでしょう、知らんけど。

 

そーいえば、おんなじヤツだった。口癖なのかな? かわいそうに。

tavigayninh.hatenadiary.jp

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

「咄も剣も自然体」柳家小さん

f:id:tavigayninh:20190316160724j:plain

 

「咄も剣も自然体」五代目柳家小さん・東京新聞出版部1994年。

 

小さん、面白かったなぁ。「長短」「御慶」「長屋の仇討ち」...
円生、馬生、小さん。いい時代に話が聴けたものです。

 

+++++++

昭和10年に兵隊検査で甲種合格。翌11年1月に入隊してすぐ2.26事件。麻布の三連隊の重機関銃隊で、桜田門を占領して、一夜を明かす反乱軍の前で一席話したという有名なお話ですね。(全然ウケなかったらしい。当たり前だ。)

三連隊が満州に派遣されたのは懲罰ではなかったと証言しています。小さんは一旦除隊(上等兵)したものの、再度召集されて今度は南部仏印、サイゴンに上陸して「ナトラン」って書いてありましたが「ニャーチャン(Nha Trang)」でしょうね、そこでの警備。観光地だったもんでフランス女性の水着見てたってヽ(´▽`)/  その後昭和20年には仏軍討伐にも参加している。「敵の戦車をぶんどった」って写真を見てみたら、ルノーFTでやんの*1

当時「兵長さん」まで昇ったってから軍隊じゃカミサマですよ。

+++++++ 

ある博打の話をするために「本職」からツボ振りのしぐさを学んで客席から「うまい!」と声がかかるほどだったが、先代小さんから「あれはだめだ。バクチの仕草は上手くできるとしても、わざと下手にやる。バクチとかのヤクザなしぐさが上手すぎると話が下卑る」と教わったそうだ。

また、先代の高座から、落語「芋俵」のサゲは「気の早いお芋だ...」で終わって、すっと舞台から下がるのが粋だと学んだという*2

 

あっさりと品のいい、それでいて子供のぼくでも腹を抱えて笑える落語家さんでした。

名人と言われるくらいになった人の話は、実にためになる。

自然体ですよ、これでインスタントかい?

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:旧式も旧式、当時で20年くらい前の戦車です。

*2:するとお客が一瞬間があってざわざわとウケるそうな。「気の早いお芋だ、食べる前からおならになった」とオチの説明をするのはいけませんな、と

「空気を読めよ〜!」とは何を意味しているのか。

 

『わしの幸福は二十三年前の戦争とともに消えちまったんだが...』

あるところに善良なおじいさんがいたが 特攻隊でふたりのむすこを失い

そのうえ空襲で妻をなくして一人ぼっちになってしまった

それからというもの じいさんはすっかりいじわるになってしまった

世の中のすべてのものにねたみを感じ

人が 幸福にくらしているのがにくたらしくてならなかった

町に出ては りっぱな門柱に小便をひっかけたり

外車に くぎで傷をつけたりするのが たったひとつの楽しみだった

人が 少しでも不幸になるのが楽しいのだ

「本日の死亡事故」の掲示板に

死亡者の数が多い日には 酒盃をあげてよろこぶのだ

いじわるじいさんは きょうもいじわるの旅をつづけていた...

(水木しげる「天邪鬼」ゲゲゲの鬼太郎 1968年)

 

f:id:tavigayninh:20190314101429j:plain

 

「空気を読め!」 とは何か。

 

「空気を読め」ということは、その場の主流の意見がどういうものであって、どの方向に流れ向かっているのかを「理解しろ」ということだ。

さらに「理解しろ」にとどまらず、「お前もそれにならえ」ということでもある。

 

「反対するな」「流れに逆らうな」と言っている。

自分の意見を持っていても殺せ、自分の正しいと思っていることも言うな、するな。「皆の行動に合わせろ!」そういうことなのですね。

 

だって、それが利口なヤツのすることだろ?

 

山本七平の「空気の研究」、今調べたら1983年の本1977年の本だったのだな。空気に流されてしまって戦争に向かったことへの痛切な批判だった。

いつの間にか、その場の空気を読んで、それに流されることが「空気読めよ〜!」などと、堂々と肯定的に求められるようなってしまった。

 

多様性などと言っちゃてさ、多様性は認めるにしても、少数派に恭順や多数派への同化を求めているんだよ。

 

f:id:tavigayninh:20190314104510j:plain

 

若い頃、ある社運をかけた交渉ごとの下働きをしていたことがある。先方への主張提案を取りまとめて、担当役員の了解も得るのだが、いざ交渉会議のときに何も言わないのね、その役員さん。

どうして提案しないのですか...? とわざとナイーブに聞くと;

 

バカ者! そんな空気じゃないんだ!

 

その交渉ごとは大失敗で、会社は潰れてしまった。バカ者はどっちなんだと、その役員さんの歳も超えてしまった今、そう思う。もちろんだよ。

 

空気を読んで、流されない。心したい。

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~