〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

サトウヒロキさんの想い出

f:id:tavigayninh:20190618043953j:plain

ぼくの大好きな京都鴨川

 

京都らしく都会的で、ウィットとユーモアに富んだ会話、幅広い知識、センスのある選曲、大好きだった京都の朝の声。

 

サトウヒロキさんが亡くなりました。

++++引用

5月22日より、番組「 α-MORNING KYOTO 」をお休みされていたα-STATION DJ 佐藤 弘樹氏がご病気のため永眠されました。享年62歳でした。

謹んで、リスナーの皆様にお知らせ申し上げますとともに、ここに生前の氏へのご厚誼に深く感謝申し上げます。

尚、葬儀につきましては故人のご遺志、ご遺族のご意向により既に近親者のみにて執り行われました。

氏は、お元気な頃から、DJとしてプロフェッショナルの在り方を常に考え、リスナーの皆様のもとへ毎朝自身の声や考えを、番組「 α-MORNING KYOTO 」を通しリアルタイムで届ける事に徹してこられました。

それは体調を崩されてからも変わることがなく、ご本人の「最後まで、オンエアマイクの前に居たい」という強いご希望に、私どももでき得るかぎり寄り添えるよう、「病状は一切公表せず」との氏のご意志を尊重して日々話し合いの場を持ちながら、病状と向き合い、体力の続く限り務めてこられた生放送を見守らせて頂きました。

療養に入られて以降、出演者、スタッフ一同、毎日佐藤さんのお帰りを待って番組をお送りしてまいりましたが残念ながら復帰は叶うことがないまま、5月21日が、氏の最期の放送となりました。

ご訃報に接し、私どももいまだ信じられず驚きを隠せませんが、ご心配をおかけいたしましたリスナーの皆様にはこれまでたくさんの温かい励ましや、応援のメッセージを賜りましたことを、心より厚く御礼申し上げます。

「おはようございます、佐藤弘樹です。」

α-STATION FM-KYOTOの朝の顔として、声として、25年と8ヶ月。

ここに、番組「 α-MORNING KYOTO 」に多大なるご貢献をいただきましたDJ 佐藤弘樹氏へ哀悼の意を表しご逝去を悼み謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からのご冥福をお祈りいたします。

fm-kyoto.jp

 

ぼくより三つ年上。勝手に同世代と自認し、「ウンウン、そうだよな〜」とニヤッとしながらサトウさんの語りを聴いていました。名物コーナー「ワンポイント・イングリッシュ」もとても勉強になりました。

 

・今週も、トントントン、と、もう木曜日。
・いえね、ぼくなんかも諸先輩に『サトウな、そういうときってのはな...』
・最近のお若い方の話を聞いてますとね、『あ、そうか...! この子たちは...
・昭和30年代ってのは、実は相当ワイルドな世界でありまして、ぼくなんか思うんですけど...

 

北海道のご出身。アルファには珍しい「京都・ノン-ネイティブ」な語り口。

 

大好きでした、朝の3時間番組「α-morning 京都」。任天堂を退職して、一年ちょい前に関東に戻ってきても、ラジコでずっと聴いていました。

 

ぼくもこのブログで、ちょいちょいとサトウさんのことに触れていました。

tavigayninh.hatenadiary.jp

 

おはようございます。サトウヒロキです。(低音)

 

もう、リアルタイムで聴くことはできません。

 

ご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

紋切り型の切り口・「境界線」

ハラスメント法案が可決されたことで、関連記事をよく見かけるのだが、いわゆる「紋切り型」の切り口が多い。

 

・ハラスメント判断、境界線を引くのが難しい
・パワハラ!セクハラ!と言われるから、職場で世間話もできない
・ハラスメントの罰則がないから実行性に欠ける

 

一つ記事を引用するが、これだけではなく、上記の紋切り型の切り口が多い。

 

++++引用

「一方で、管理職や人事担当者からは「社員の認識に差があり、単なる仕事の不満もパワハラと主張される」「業務上のやりとりで声を荒らげることもパワハラに当たるのか」などと疑問の声が上がる。「対策を導入したいが、指導しにくくなるのではないか」との懸念も少なくない」(下記記事より引用)。

www.itmedia.co.jp

 

f:id:tavigayninh:20190518072116j:plain

 

先日(2019.5.10)出版された:

「ハラスメントの境界線」白河桃子 中公新書ラクレ

とても参考になって勉強になる本でした。

その195ページに「SSMW Spectrum of Sexual Misconduct at Work」が紹介されていました。どうやらアメリカの大学の先生がお考えになった、職場でのセクハラの程度(の悪さ)が段階的に示されているものでした。

それを元にちょっとかみくだいて作った「セクハラものさし」がこちら。一段階外して、言葉をわかりやすく置き換えただけのもの。職場でのセクハラが、性的言動・固定的役割分担を含む差別的言動であるという定義に合わせてみただけのものです。

 

<セクハラものさし>*1

 f:id:tavigayninh:20190615071344p:plain

 

このものさしを使って、現実の問題行為がどこに入るのかを考えてみる。

そしてどのような状況でどのような態様で行われたのか。その頻度、その辺を具体的な事例で考えてみると、「線」は引けないかもしれないけど、ある程度の判断、どの程度「アカンやつ」なのかの判断はできるんじゃないかなと思います。*2

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

 

*1:一番上は「性的/差別的とまで言えない」の方がいいかも。

*2:パワハラはすでに厚労省のガイドラインがあるし、法改正に依拠したガイドラインの改正も行われるみたいだけど、問題の指示や指導/叱責がどの程度「適正業務の範囲から逸脱するかを段階的に判断するために、上のものさしはパワハラにも使えるかと。もちろん「声を荒げる」のは「アカンやつ」やな。上から3番目か4番目かな。

コンプライアンス監査で残業?ありえない

f:id:tavigayninh:20190610054944j:plain

 

M&Aのリーガル・デューデリジェンスとは違って、コンプライアンス監査では、全貌を徹底的に洗い出すことは不可能。サンプル調査であるから当然のこと。だってせいぜい数人のチームで、一日、長くて二日の現場監査だもの。デューデリは到底無理ですよ。現実にできる範囲で、できるだけカバーするようにする。

本当の意味で、デュー・デリジェント = 正当な範囲で入念に、ということです。 

最初に海外のとある工場の監査に出かけたとき、担当者は分厚いチェックリストを手元に監査をすすめていたのだが、夕方になってもいっこうに終わりそうにない。

 

いつまでやるの?

 

チェックリストを見ようみまねで作った担当者本人がどこまで、どんな精度でやって良いのかわからないのだ。30台半ばの人だったかな。

 

法令遵守・人権尊重が一つのテーマであったコンプライアンスの観点からの工場監査なんだもの。時間外勤務、休日/有給休暇取得、給与、社会保険、労働安全対策、生活環境(社員寮や社宅)、社員食堂と食事内容、そんな重点項目のサンプル調査を行えば良いんだよ。

 

17時までの時間内に終えなさい。コンプライアンス監査で残業を強いるのはありえませんから。

 

誰かがそう言ってあげなければならなかったんだろうし、それは上司であるぼくの役割だったと思う。訪問先で対応してくださる方々に、監査のために残業などさせるべきではない。時間外労働や社員の負担を出来るだけ減らしなさいって指導してるんだもの。

 

++++++++++ 

 

仕事が終わらないから残業をする。そんな考え方もあるんだろう。自営業や経営者ならね。しかし勤め人・サラリーマン、労働者は、時間を切り売りしているんだ。だから時間になったら仕事を終える。

 

『成果が出るなら何時に帰っても良い。例え14時に退社してもOK』なんていう経営者がいる。間違いだ。『成果が出ようと出まいと、就業時間になったら退社する』それが正しい。

 

『成果が出るなら何時に帰っても良い』が正しいなら
『成果が出ないなら、何時になっても帰るな』も正しいのさ。

 

裏・逆・対偶のどれだったっけ?

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~