〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

シニアの部屋トレでのウェイトは何キロぐらいを準備すればいいか?

f:id:tavigayninh:20170630165029j:plain

 

筋トレをある程度してくると、自分に部屋にもウェイトが欲しいなって思い始めます。通販サイトなどみて、どんなダンベルセットを買ったらいいんだろうって悩む。

 

ネットで情報を検索したり、ジムの筋トレ仲間にきいたりすると:

「40キロセットがいいよ」

って声が多いように思えます。

 

実際、ジムでダンベル使っていると、チェストでもローでも軽めから始めて、片手18-20キロぐらいまでは、男性ならトントンと上がっていくと思います。神経と筋肉がうまく繋がってくると、そのぐらいまではできるようになるらしい。ぼくも18キロまでは割とスーッと上がって行きました。

 

だから、20キロx2(両手)で40キロのセットがいいのじゃないか、ということなんでしょう。

 

ところがね、片手20キロって重いんですよ、実際ヽ(´▽`)/ 

そらそーだ。

 

部屋トレだし、シニアの健康維持・筋肉維持ってことであれば、ちょと重すぎなのかもって気がします。ぼくは今、チェストもローも部屋トレでは片手12.5キロでやってます。取り回しが楽なんで。一番上の写真がそれ。約2キロのバーに5キロのウェイトを二枚つけているんですね。

 

これって、持久筋トレーニングのボディパンプで、チェスト・背中をやるときのバーベルの重さとほぼ同じ。そっか...やっぱりそこに修練されていくのか...

 

楽して筋トレってわけじゃなくて、部屋トレはジムでのウェイトフロアでの筋トレとは違って、ライト感覚でもいいのじゃないかなって思います。

 

とにかく「ケガや事故がない」ことを第一に考えたい。

 

ところが、40キロセットを買っておいて、12.5kg x 2 =25kg をバーにセットしておくわけですから、2.5キロと1.25キロのウェイトが片方それぞれ 二枚づつ(7.5kg)、全部で15kgが余る。

しかし、それはそれで、肩のトレーニングや二の腕のキックバックのときに手で持ったり、色々使い回しはできると思います。

 

      f:id:tavigayninh:20170702085601j:plain

 

冬場に漬物つけるときとかにも便利...?

なははヽ(´▽`)/ 

 

重要な注意:部屋トレ用にダンベル・ウェイトを用意するときは、まずはジムでウェイトの取り扱い・取り回しに十分慣れてからにしてください。専門のトレーナーにコーチしてもらって取り扱い・取り回しに慣れてから、「自分一人で扱っても無理じゃない、大丈夫だ」という段階になってからでないと危ないです。

ケガなく、無理なくいきましょう。

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh