〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

ボロネーゼ・秘伝「ミートボール崩し」!

 

みんな大好き、ミートソース・パスタ!

根来の隠れ忍軍古来の秘伝レシピをご紹介します(ウソ)。

f:id:tavigayninh:20180407050806j:plain

 

合挽肉をふたパック、約300グラムを使います。火にかける前の冷たいフライパンでこねる。余計な容器・ボールなどを汚さないで済むのです。

下味は軽く塩コショウだけ。卵とか小麦粉とかのツナギは使いません。

こねすぎないでね。お肉の感触を残したいの。大きくまとめた後、四つにわける。それをボール状にまるめて、冷たいままから火にかける。追い油でオリーブオイル。

 

f:id:tavigayninh:20180407050932j:plain

 

強火で片面を1分。このくらいの焦げ目をつけてひっくり返してもう1分。中まで火が通らなくて構わないんです。あとで煮込むからね。

焦げ目が大事です。

 

f:id:tavigayninh:20180407050902j:plain

 

両面を焼いたミートボールは、いったん小鍋に移しておく。

 

f:id:tavigayninh:20180407051050j:plain

 

お肉を焼いたフライパンは洗わないで!

ざっくざく切った玉ねぎ(一個)をしんなりするまで炒める。

 

f:id:tavigayninh:20180407051221j:plain

 

ミートボールを取り分けておいた小鍋にはざく切りのトマト(大)二個を投入。

 

f:id:tavigayninh:20180407051327j:plain

 

炒めてしんなりした玉ねぎも小鍋に投入。

 

f:id:tavigayninh:20180407051404j:plain

 

玉ねぎを炒めたフライパンは洗わないでね。お水をコップ半分とコンソメキューブを入れてコンソメスープを作る。お肉と玉ねぎを炒めた旨味を無駄にはしないのです。

こうするとフライパンを洗う手間も省ける。これ、ポイントなのですよヽ(´▽`)/ 

 

f:id:tavigayninh:20180407051437j:plain

 

隠し味.... テヘペロ〜ヽ(´▽`)/ 

 

f:id:tavigayninh:20180407051511j:plain

 

コンソメスープと隠し味のレトルト・ナポリタンソースを小鍋に投入。

 

f:id:tavigayninh:20180407051538j:plain

 

半分くらいになるまで弱火で煮詰める。その過程で、ミートボールをテキトーに崩す。

ゴロゴロっとした感触は残してくださいね。

 

f:id:tavigayninh:20180407051607j:plain

 

ミートソースを容器に移す。4人前ぐらいできました。

 

f:id:tavigayninh:20180407051638j:plain

 

ボローニャの本格ミートソースは、太め平打ちのフェトチーネタイプを使うらしいです。んHKの「世界入りにくい居酒屋」で観たよ。

ミートソースを作った小鍋は洗わないでね。そこにお湯を沸かしてフェトチーネを茹でるんです。そうするとパスタにも少し下味がつくし、あとで小鍋を洗うのも簡単になります。ここ、ポイント。

茹であがったフェトチーネには、オリーブオイルとミートソースをあらかじめ少しあえておくことで、さらにしっかりと下味をつけておきます。

 

 

f:id:tavigayninh:20180407051744j:plain

 

なんかミドリのもの(写真ではパスタと一緒に茹でた細切りピーマン)を添えて、お皿にパスタを盛り付けてミートソースをかける。お肉たっぷりですよ!

 

f:id:tavigayninh:20180407051815j:plain

 

ほーら、ばかうまヽ(´▽`)/ 

 

ひき肉をいったんミートボールにまとめて、焦げ目をつけて焼いたものを煮込んで崩す。これが:

秘伝:「ミートボール崩し・おナベとかなるべく洗わないで済むよ!」の術

 

すっごいうまい。あ、......二回言っちゃった。 

 

注:セロリとかニンジンとかみじん切りを入れて、赤ワイン(安い物でいいのです)を使うともっと美味しい。でもお肉は合挽がいいと思う。

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh