〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

京都のタマゴサンドはちょとちがう

f:id:tavigayninh:20170919061037j:plain
 
京都のタマゴサンドって、オムレツが挟んであるものもある。お店によっては「だし巻き玉子焼き」が挟んである。
 
ぼくが幼稚園の頃から知ってるタマゴサンドは、ゆで卵を小さなさいの目にきざんで、マヨネーズやマスタードとあえたものがパンに挟んであるタイプ。京都にもこういうタマゴサンドはあるといえばあるんです。
 
でも、京都には「オムレツ」がサンドイッチされているタマゴサンドもある。
「だし巻きサンド」は聞いたことはあるがいただいたことはないです。
 
京都に来て初めて喫茶店のメニューでこういうタマゴサンドの写真見て、びっくりまではしなかったけど「ほほう!」と嬉しかった。実にユニーク。
 
久しぶりに食べようかなって、その喫茶店に行ったら、開店前からの大行列。(ちなみに寺町のスマートさんではないです。)
 
並ぶのは苦手なので、その日のお昼は別のお店に行ってタコス食べました。

f:id:tavigayninh:20170919061053j:plain

 

でも、やっぱりタマゴサンド食べたいなぁって思って、京都の老舗パン屋さんの「志津屋」さんで買いました。上の写真は、ビーフカツとタマゴのミックスサンドイッチです。このままだと写真バエがしないので、ちょっとアレンジしたのが一番上の写真であります。

 

すごうま。明日んお昼にまた食いてえ。

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

ランチする

f:id:tavigayninh:20170921062035j:plain

 

先だって髪の毛を切って貰っていたとき、アシスタントの女性とまあ世間話をしていたんです。近所の美味しいお店の話でひとしきり業務トークが盛り上がっていたところ「クチキさんでもランチしはるんですか?」って聞かれた。

 

f:id:tavigayninh:20170921062122j:plain

 

昼飯はフツーに食べるし、休日のお昼に外食することもあるから、当たり前だろう、なんなんだろう?と怪訝には思ったが、そこはヘアサロンの業務トークだからもちのろんと流してシャンプーを終えた。


Fh000019

 

それからときどき気になっていたのが「ランチする」というもの言いなのですね。そういうところが木になるんです、いや、ぎんなんや柿じゃないんだからね、気になるんです。

 

「ランチする」っていうのは、単に昼飯を食うという意味以上に、「外食の昼ごはんを普段は行かないようなお店で、しかも夜行くとお値段が高いようなお店で、ちょっと特別なセットメニューみたいな食事を頂く」という意味で使う人もいるのではないかいな。

 

f:id:tavigayninh:20170921062315j:plain

 

会社のお昼休みのチャイムがなって「ランチ行こうか?!」って誘い合ってる女性社員もいるから、特別なお昼でなくても「ランチ」っていうんでしょうかね。残り物とかをチャチャッと使って、自分でいただくお昼は「ランチする」とは言わなそうです。

 

ディナーする、サパーする、ブレックファストするとは言わないで、お昼ご飯だけ「ランチする」ってのも面白い。

 

「今度、『ディナー』をご一緒にいかがですか?」そんなお誘い文句ならありかもね。それで居酒屋連れてったら二度目のデートはないな。

 

朝食編:

「明日はブレックファーストしようよ」これはどうでしゅか?

「夜明けのコーヒー二人で飲もう」ってピンキーにあの人は言ったらしいけど、そんなキメゼリフをマジで使った人はいるのかな?

「ブレファしよ」って意識高くいえばいいのか?

 

アフォーっヽ(´▽`)/ 

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

お前は時間をムダに過ごしていただけだ!

f:id:tavigayninh:20170916112403j:plain

 
「おまえが過ごした時間はすべてムダ。なんの役にも立っていないんだよ!」
 
 そう言われたのは、1984年の5月のことだから、もう30年以上も前の話だ。新卒で入社した初めての職場、新入社員の一般研修が終わって事務系や技術系、それぞれ配属も決まり、数週間たったころ、同期数人と喫茶店でお昼を食べていた。
 
 

f:id:tavigayninh:20170921064158j:plain

 
 配属されてもなかなか仕事の内容がよく分からず、いわれた書類も先輩の未決箱にはいったまま、そんな言葉は当時はなかったけれど、「放置プレイ」なんだよな...... みたいな話を、ゴハンを食べながらぼくはしたんだと思う。
 
すると別の部門に配属された一人の同期が;
「配属されてから今日に至るまでの数週間という時間を、お前は一体何をやっているんだ! その時間は全部ムダ、ムダなんだよ!」と急に大声で言い出した。
 
 
 

f:id:tavigayninh:20170916112450j:plain

 
言われたときは、単にキツイ冗談を言っているんだと思い、テキトーにはぐらかした記憶がある。
 
実際、彼がキツイ冗談を言い放ったのか、本気でぼくにハラを立てたのかは今では分からないし、知りたくもない。その後のそいつの生き方をちょっと距離をおきつつ観察していると、まんざら冗談だったわけでもなさそうでもある。
 
以来、三十数年間ずっとサラリーマンやってきて、ムダなこと、回り道もずいぶんとしてきた自覚はある。そんな時間を合算すると数週間のどころの騒ぎじゃない。
累積すると膨大な時間になりそうだ。
 
でもさ、楽しかったぜ。
 
 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh