〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

「洗い出せ!棚卸し!」というコンサルタント

ISOの定期審査の審査員は玉石混交なところもあるが、一応は製造現場の経験があって、一定のレベル以上ではあった。当然のことながら「うん、いい指摘をしてくれるな」という人も多かった。

 

f:id:tavigayninh:20200413042448j:plain

 

ところがまあ、トンチンカンなことをいう「コンサルタント」も多いのですよ。

以前、とあるプロジェクトで外部コンサルタントが、ぼくたちの法務部門のヒアリングに来てこう言った

「土地建物取引の移転登記は重要なことですから、司法書士に任せず、法務室の室員、いや、室長自らが登記をするべきです」

ヒアリングに出ていた、ぼく(法務室町)も担当課長も絶句しましたね。

間違いがあってはいけないから、司法書士さんに頼むんでしょう。

そう言ったんですけど、なんだか自己弁護みたいなことをベラベラ喋ってたよな。M-というぼくと同年代の40代半の男性で、聞けばとある有名銀行出身の人だったけどね。

 

「この分野はわかりません」と言えないのは辛いだろうなとは思いましたが、いい加減なはったりヤローではありました。どうしてるかな、今頃。

 

www.youtube.com

 

洗い出せ、全てを網羅しろ! そう叫ぶ上司も多いものです。

tavigayninh.hatenadiary.jp

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~