〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

担々麺にまつわる思い出

 

1984年中国への初出張(初海外)で広州に滞在した。宿泊したのは流花路にある当時できたばかりのチャイナ・ホテル(china hotel 中国大酒店)。その一階にあった「フードストリート」と呼ばれる中華料理店で初めて「担々麺」を食べた。もちろんスープはない。日本のお茶碗ほどの小さなお椀に盛られた「汁なし坦々」である。

f:id:tavigayninh:20190331061313j:plain

 

実はその初出張/初海外の前にも、一期上の食通な先輩に新橋の台湾屋台みたいなお店に連れて行かれたことがある。だから「台湾わんこそば」って言われていた小さなお椀に盛られて味付けのひき肉と刻みネギがかかった、いわゆる「台南坦仔麺」みたいなのは食べたことはあった。

 

しかしですね、チャイナ・ホテルで食べた汁なしの担々麺の「麻辣(まーらー)」にはびっくりしましたよ。日本でも麻婆豆腐は丸美屋のものを食べたことがあったけど、全然違った。麻辣味の担々麺は舌が痺れるからさでした。もちろん「台南坦仔麺」とも全然違う。

 

フードストリートのウエイトレスさんたち(当時は「小姐(しゅうちぇ)」と呼んでも怒られなかったよ*1)、日本人が珍しいのか、ぼくたちの食べ方がおかしいのか、ぼくたちを見て、くすくす、くすくす笑ってた。着ている真っ赤な本場のチャイナドレスもすごく素敵でした。かわいかったな...
当時のぼくと同じくらいの歳、せいぜい20代の半ばだったから、今はもうお孫ちゃんが何人かはいるお年頃なんだろう。ん?一人っ子政策ドンピシャだから、お孫ちゃんは一人だけなのかもな。

 

f:id:tavigayninh:20190331062032j:plain

 

その後、ぼくは転職して、色々会社も変わったし、いろんなところで担々麺も食べたけど、日本で汁なし坦々もいっぱい食べたけど、やっぱりチャイナ・ホテルの担々麺は忘れられない。

 

もしかしたら、今あの担々麺を食べたら、「うーん、こんな味?だったのかな...?」とか感じてしまうのかもな。初恋の彼女が自分の頭の中では広瀬すずさんとそっくりだった記憶がある、みたいな?ヽ(´▽`)/ *2

 

担々麺は、汁なしだよね〜。

 

2019.4.1 追伸

新元号は「麻辣(まーらー)」、出典は汁なし坦々麺。

f:id:tavigayninh:20190401123517j:plain

おいおい、エイプリルフールだぜヽ(´▽`)/

ラ王の汁なし坦々麺、なかなかのおいしさです。 

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:今は「服務員(ふーぃぇん)と呼ばないといけないらしい。てか、誰を呼ぶのも「你好(ニーハオ)」だったのにはびっくりした。地方から来る若い人が多いせいなのかも。

*2:5年ぐらい前に同窓会で会った。中二の頃と同じく、いやもっと可愛らしかったさ、そりゃあもう。