〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

「咄も剣も自然体」柳家小さん

f:id:tavigayninh:20190316160724j:plain

 

「咄も剣も自然体」五代目柳家小さん・東京新聞出版部1994年。

 

小さん、面白かったなぁ。「長短」「御慶」「長屋の仇討ち」...
円生、馬生、小さん。いい時代に話が聴けたものです。

 

+++++++

昭和10年に兵隊検査で甲種合格。翌11年1月に入隊してすぐ2.26事件。麻布の三連隊の重機関銃隊で、桜田門を占領して、一夜を明かす反乱軍の前で一席話したという有名なお話ですね。(全然ウケなかったらしい。当たり前だ。)

三連隊が満州に派遣されたのは懲罰ではなかったと証言しています。小さんは一旦除隊(上等兵)したものの、再度召集されて今度は南部仏印、サイゴンに上陸して「ナトラン」って書いてありましたが「ニャーチャン(Nha Trang)」でしょうね、そこでの警備。観光地だったもんでフランス女性の水着見てたってヽ(´▽`)/  その後昭和20年には仏軍討伐にも参加している。「敵の戦車をぶんどった」って写真を見てみたら、ルノーFTでやんの*1

当時「兵長さん」まで昇ったってから軍隊じゃカミサマですよ。

+++++++ 

ある博打の話をするために「本職」からツボ振りのしぐさを学んで客席から「うまい!」と声がかかるほどだったが、先代小さんから「あれはだめだ。バクチの仕草は上手くできるとしても、わざと下手にやる。バクチとかのヤクザなしぐさが上手すぎると話が下卑る」と教わったそうだ。

また、先代の高座から、落語「芋俵」のサゲは「気の早いお芋だ...」で終わって、すっと舞台から下がるのが粋だと学んだという*2

 

あっさりと品のいい、それでいて子供のぼくでも腹を抱えて笑える落語家さんでした。

名人と言われるくらいになった人の話は、実にためになる。

自然体ですよ、これでインスタントかい?

 

© 朽木鴻次郎
~~~~~~~~~~~~~ 

HPはこちらです。

kuchiki-office.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~ 

*1:旧式も旧式、当時で20年くらい前の戦車です。

*2:するとお客が一瞬間があってざわざわとウケるそうな。「気の早いお芋だ、食べる前からおならになった」とオチの説明をするのはいけませんな、と