〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

「SPI テスト」の存在を知ってオワリ!、の人

 

京都での会社勤めを辞めてしもうて、関東に流れ戻ってきたわたくしでございます。

 ・ちょろっと動くと、お金ががっぽり儲かって、女の子にチヤホヤされまくる!

そんな仕事ないかな〜、ないかな〜って、ツユ空の大都会をあてもなくさまよっていると、国電高架下の変電器にポスターが貼ってありました。

 

f:id:tavigayninh:20180621160728j:plain

 

“本業より儲かる! 週に2-3時間、美女のお相手をしてがっつり儲かる。50-60代のシニア男性も大歓迎!”

 

よし、これだ!それいけ〜っとばかりに応募しようとしてたら、長年の友人に止められちゃった。

 

クチキクン、もっと地面に足をつけて人生を考えてみなさい。

それもそうですね。

 

ちゃんと就活しなさいよ。今の学生ってね、就活のときに「SPI」ってテスト受けさせられるのよ。知ってた?

うーん、なんか聞いたことあるよな、ないような...

 

彼女はSPIテストの問題集ってのを見せてくれました。

 

f:id:tavigayninh:20180621160937j:plain

 

びっくり。おれ、絶対できないよ、これ。

 

SPI とはSynthetic Personality Inventory の頭文字。シンセティック(総合的な)・パーソナリティ(人としての個性や性格)・インベントリー(在庫、アイテム一覧、目録)のこと。

「その人の人間性や能力をあらゆる角度から洗い出したものを、一目でわかるように一覧にまとめる」ということなのだな。そのためのテストだ。すげー!アッタマのいいやつが考えたんだろうなこれ。

肝心のテストの問題はと言えば、なんか有名中学の入試問題のようだな。

 

そっか。これやって採用を決めてれば、入社してみたらトンデモナイ奴だったと分かったとしても:

いや〜、SPIの結果は良かったんですけどねぇ...

って採用担当者は言い訳できるっちゅうわけか。*1

 

昔だったら「ティー大だから大丈夫と信じて採用したんですよ」って言えたけど、今なら「学歴で採用を決めるな!」とか「大学で人間がわかるか!」って言われちゃうもんなあ。人事選考は難しい。それは分かるけどね。

ほほう、SPIって、リ○ルートさんが開発したんですか。「マッチポンプ」という言葉を思い出しましたよ。今の大学生は就職活動として、SPI試験の対策たてて、問題集もこなすそうな。そういやTOEICだって対策参考書が今はいっぱい出てる。

 

f:id:tavigayninh:20180621161402j:plain

 

試験、大キライ。

 

SPIテスト受けての就職活動、おれだったら、絶対受からないと思う。

 

SPIという試験があることは分かりました。

That's it!  はい、おしまい。

 

.... 変電器の貼紙の連絡先、もう一度確認してこよっと... 確かケータイの番号だったような気がするけど、あれはどこのガード下だったかな ヽ(´▽`)/ 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

*1:もちろんPSIだけで採用を決めるわけでもないんでしょうけどさ。