〜 ハリセンボンのおびれ 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

サステナブルな訳語

 

サステナブルサステナブルな企業とか、サステナブルな社会とか、なんなんだ、変な言葉だと思う。

 

f:id:tavigayninh:20171217153213j:plain

 

もちろん意味はわかる。

企業や社会が、健全に活動をずっと続けていくこと、いけること、そんなところかな?サステナブルの訳語は、直訳そのまま「持続可能」なんだって......

持続可能な企業、持続可能な社会、サステナブル、そのまんまのカタカナも分かりにくいけど、訳の日本語の方も全然わかんない。異議ありですよ。

まさに、「訳が(わけが)」分からない!

 

f:id:tavigayninh:20171217153236j:plain

 

それでね、考えました。

 

「将来の利益を損なわない」まだ固いな......

「つぶれない」「生き残る」

うーん、事業がビジネスとして上手くかどうかというニュアンスを含んでしまっている。そんなことじゃないんだ。

そこで考えた訳語が;

 自滅しない

 

自滅しないこと、自分の業(カルマ)で滅亡しない。サステナブルの訳語として、ピタリとはまる!

環境とか福祉とか、全然考えずにビジネスとイケイケでやっていても、いつかうまくいかなくなりますよというニュアンスをこの「自滅しない」っていう言葉で表現できるのではないかな。

 

f:id:tavigayninh:20171217153539j:plain

 

サステナブルな企業は「自滅しない企業」

サステナブルな社会は「自滅しない社会」

 

日本語としてピッタリでは?...どうでしょう、この提案は。
sustained!  

ヽ(´▽`)/ ソコカイ!

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh