〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

無理すんなよ、頑張れヽ(´▽`)/

1984年4月に新社会人になった。34年前のことである。

社内で座学オリエンテーションを一週間、会社の山荘へ一泊二日の合宿、その後三週間外部語学学校での研修(神保町)を終えて、配属が決まって辞令をもらったのが5月7日の月曜日のこと。

その週の金曜日、11日に配属先部署が新入社員歓迎会を開催してくれた。

 

f:id:tavigayninh:20180406052151j:plain

 

ぼくが見ていたところでは、クチキくんが一番緊張していたな....!

 

歓迎会の席でエイチ部長(当時52歳)からそういわれた。同期の新人三人が同じ部署に配属されたのだが、ぼくが一番緊張していたらしい。自分としてはそう張り詰めた気持ちでいたわけではなかったのだが、上からはそう見えたんだろう*1

 

++++++++++

 

イーグルスの「テイク・イト・イージー」。

京都FM「αステーション」の人気DJ、サトウヒロキさんは、

「take it easy は日本語では『ガンバレ』がしっくりくるでしょうね。『無理すんな』でもいいでしょう」

とおっしゃていた。

 

Take it easy

Don't let the sound of your own wheels drive you crazy

Take it easy

無理すんな、頑張れ

考えすぎると 何もできなくなる

無理すんな、頑張れ

 

 

これから長いよ。あっという間の34年だもの。

まだまだこれからヽ(´▽`)/ 

無理せず、ガンバレ〜!

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

 

 

tavigayninh.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

*1:その後「お前には緊張感が足りない!」と何度怒られたことか。