〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

人格形成期の友人関係

f:id:tavigayninh:20180303081320j:plain

録画しておいた「ちはやふる」を観て思ったことがある。

広瀬すずはかわいいな!来週は続編、その翌日には新作が劇場公開だぞ、楽しみだぁヽ(´▽`)/ 

いや、それもそうなんですけど。

 

幼なじみっていくつぐらいに知り合った友達のことをいうんだろう。幼稚園の頃知り合った友人関係なら、間違いなく幼なじみだろう。小学校ならまあそうかな。中学・高校で初めてあった友人を50代になって「幼な爺」、もとい、「幼なじみ」というかな。ビミョーかも。言わないな。20歳前後で始まった交友関係は「古い友達」であり「幼なじみ」ではない気がする。

 

f:id:tavigayninh:20180228071219j:plain

 

ぼくは公立で幼稚園から小・中学校へと進んだものだから、そこでの交友関係は偶然である。たまたま地域が同じ子供達が集まったに過ぎない。そんな偶然知り合ったぼくも含めての子供たちが成長していく数年から長くても10年ちょっとという短いのか長いのかよくわからない時間で、それ以降の友人とは少し違う濃密な関係を築くんだなって*1

 

要するに、広瀬アリス広瀬すずも、かわいいなヽ(´▽`)/ 

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

 

*1:もちろんその後の交友関係も大変ありがたいです。フォローじゃないです。ちょっと質が違うような気がしているので、この記事を書きました。