〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

いざ雄飛せん五大州

【本記事におきまして、写真の表示が不安定で、表示されない場合があるようです。原因調査と対処作業中です。ご迷惑をおかけしているかも知れません。申し訳ありません。】
++++++++++++++++++++

P4210068

学生の頃、外国・海外で仕事をしてみたくて仕方がなかった。

    長煙遠くたなびきて いざ雄飛せん五大州

ちなみに、五大州ってどこ?

1・アジア

2・ヨーロッパ

3・南北アメリカ

4・アフリカ

5・オーストラリア

 

異論もあるらしいけど、要は「全世界」という意味です。



P4210076


二十歳を過ぎた頃、「いざ雄飛せん五大州」「せまい日本にゃすみ飽きた」てな気分だったのですが、なにをかくそう隠すまい、卒業の当時、外国には行ったことはないどころか、東京にしか住んだことはなかったのです。修学旅行で日光と京都奈良、伊勢神宮くらいは行ったかな。
あ、大阪万博には行ったよ。

一言で言うと、ぼくはどこにでもいる世間知らずの若者だったわけだ。
長じて今は世間ぎらいですヽ(´▽`)/ 
 


000442400007

以来、幾星霜、ムダに馬齢を重ねまして...
京都に来て、「あ、なんだ日本じゃん」と思いました。
そりゃそうだ。
 
京都はきれいなところです。どこでも絵になる。


P4090149
そしてこうして、7、8年前、50歳前後の頃から、ちょいちょいと国内旅行に出かけるようになりました。
あらためて、日本はすてきなところでした。

神戸はおしゃれな街だし、大阪はイメージとおりの食い倒れ。
 
同じ九州でも、鹿児島、熊本、博多、長崎、それぞれ違っていて嬉しかったな。

高松は穏やかなところだったし、金沢はキリッと寒かった。松本は素晴らしい城下町ですし、松江は透き通るような街でした。
広島は、行ってよかったです。行かなければわからないことがあるんだなって。

「なんもないで!」って関西他府県のオトモダチは言わはるけど、奈良はまさに「古都」でしたし、滋賀の彦根は歴史のあるしっとりと落ち着いた場所でした。
 
     トンボつり あすはどこまで行けるやら


P4210083

どの街にもおいしいものがあって。
 

f:id:tavigayninh:20170901191017j:plain

 
そして美しい。

 
 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh