〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

T鉱業所長のこと・流れゆく雲

f:id:tavigayninh:20170728070834j:plain

 

マレーシアに赴任していたときの鉱業所長は、Tさんという52-3歳の方でした。当時の定年の55歳まであと数年、たたき上げのドリリング・エンジニアへの花道がマレーシア鉱業所のトップのポジションだったのかもしれません。

操業週報を取りまとめて、ファクスで毎週東京に送るのがぼくの仕事の一つでした。当時の最新の連絡手段が、テレックスにとってかわったファクシミリ。電子メールなんて想像もできない時代でした。

操業週報の「しめ」に所長所感を載せるのですが、ある週のこと、Tさんから貰った手書きの原稿を見てびっくり!

 

雲よ、流れゆく雲よ

お前はどこから来て

どこへきえていくのか

 

雲よ、おまえはさびしくはないのか

哀しくはないのか

はかなくはないのか

流れ、流れていく雲よ

 

 

f:id:tavigayninh:20170728071228j:plain

 

正確ではないのですが、こんな内容の「ポエム」だったのです。通常の所長所感って:

 今週の作業進捗遅延無きものの一層の緊張感を持ち操業に当たる...

 

とかの堅い内容だったのが、急にポエムになっちゃった!

 

そこで、まずはぼくより一回り年上、当時40代はじめのリエゾン・マネジャーに相談に行きました。

 

「コージロー、なんだこりゃ? おまえが原稿書いたのか?!」

違いますよ、Tさんの自筆でしょ。おれの字じゃないもの。

 

「だよな。ちょっと話してくる」

 

 

f:id:tavigayninh:20170728072402j:plain

 

いつもは開けっ放しの所長室のドアを閉めて数十分、リエゾン・マネジャーが苦笑しながら出てきました。

 

 「これでファクス出せ。出す前に本社の担当課長に電話一本入れとけ。こんなのが行きますからってな」

 ファクス原稿を見ると、ポエムはそのままですが、大きくバツ印が書かれていました。こんな感じ。

 

     f:id:tavigayninh:20170728072632j:plain

 

東京本社の担当課長さんに国際電話して説明したところ「......わかった。送れ」でホッとしましたよ。

 

その日の仕事が終わって、宿泊先のホテルのバーでリエゾン・マネジャーがぼくに話してくれました。

 

「この所長所感をそのまま週報で送っちゃまずいですよ、ってずいぶん話したんだ。だけど『仕事人生をほとんど海外で石油掘削で過ごした自分の気持ちをどうしても本社に送りたい』っていうから、そんならバツつけて、って提案したら了解してくれたんだ」

 

本社の担当課長さんは「わかった」とは言ってくれましたが......

 

 「まあ、本社の方でも話題にはなるだろうな」

 

 

      f:id:tavigayninh:20170729082253j:plain

 

実はそんなに話題にもならず、Tさんは数年マレーシアで過ごしたのち、55歳の定年間際に帰任して、すぐにご退職なさいました。

 

短気なもんだから、すぐカッ!となって怒るとこわかったけど、基本的に面倒見のいい、ちょっとスケべで陽気な人情家でした。Tさんとはその後連絡も全く取り合ってはいませんが、ときどきこのエピソードを想い出しては、ご壮健でいらっしゃるといいなと思っています。

 

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh