〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

我的一九九七・1997年早く来て

f:id:tavigayninh:20170630084020j:plain

 

最初の転職をしたのがちょうど20年前の1997年の夏のこと。1984年に就職して13年目のことだった。

1997年7月1日、香港返還。ちょうど20年前のことだ。

 

大陸の清純派歌手の艾敬(アイ・ジン)がその5年前の1992年に出したアルバムで;

「1997年にはやくならないかなぁ、1997、早く来て! ヤオハンってどんなとこなのかな、行って見たいわ」

とくすくす笑いながら歌っていた1997年だ。可憐だったね。彼女は今も芸術活動を続けられていらっしゃるようで、何よりですよ。ホッとします。

 

www.youtube.com

 

 白でも黒でも三毛だって、にゃんこが大好きな鄧小平がイギリスの女王さまから植民地返還の約束を獲得したのが1984年。南華早報はそれこそ大騒ぎ。それ以来13年間を待つこともなく、気の利いた香港人はカナダとかオーストラリアにさっさと移ってしまっていたよ。香港の中華料理屋の質の低下が云々されたもんだ。

腕のいい中華料理人なんてのは引く手あまただったんだろう。

 

そして1997年7月1日、アヘン戦争以来、途中いっときは日本に負けたにも関わらず厚顔に居座っていたイギリス人がそれでも背筋を伸ばしながらボートに乗って九龍から逃れ、偉大最大大大大なる人民解放軍が香港入城。赤い旗を掲げた三軍が深圳から堂々と行進してきた。だぶだぶのナッパ服を着てだらしなくものを食いながらヘラヘラ道端を歩いてた兵隊たちが10年ちょっとで変われば変わるもんだ。

 

あいつらいつの間にあんぱん帽をやめたんだ?

 

 

f:id:tavigayninh:20170630071023j:plain

 

畏友 F 君がその模様を現地から報道していた。7月のことだ。

僕は8月の後半を残った有休休暇を使い切って退社、9月1日の月曜日に新しいスーツを着て新しい職場に出社した。転職してくるぼくのために大事に「とっておかれた」仕事が机の上に文字通りどっさりあって、年末までの4ヶ月、あのときほど仕事で大変な思いは未だにしていない。

仕事の量ばっかりじゃなくて、すぐに始まったアジア危機、金融機関破綻の連鎖が始まって大不況の大苦境だったもの。辛かったね。

身体からイヤな臭いが出ていたと思うよ。今でもかヽ(´▽`)/ 


遼寧の歌姫・艾敬(アイ・ジン)が憧れてたヤオハンはその年の9月18日に会社更生法申請。担当だったM君は債権回収で大わらわ。この年の後半は経営破綻、倒産、アジア危機の始まりと大変な年だったんです。あれから20年.......

 

1997年から98年99年と続く大不況、思い出すと暗くなるからこのくらいにしておこっとヽ(´▽`)/

 

p.s ヤオハンが広めたショッピングモールスタイルのコンプレックスは、20年後の今、中国中のいたるところにあります。よかったね。

 

++++++++++ 

「日本同志、1984年の中山服がまだ着れんのかい?ここまで生き延びてきたんだ。うまい汁を吸おうぜ」

   f:id:tavigayninh:20170630063803j:plain

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh