〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

● 資産や投資、オカネ 

年収・年俸への考え方

「金銭で幸福が買えるとは限らない。しかし不幸はかなり防げる。当たり前だな。公理とはそう言うもんだろう」星新一 気まぐれ遊歩道 106頁 新潮社 1990年。

大切なもの、それをささえるもの

老後のこと、定年後の話になると、ついつい「お金」「いくらお金があればいいか」「そのお金のためにいつまで働くか」のハナシになってしまう。それはそうなんだけどさ。

「資産取り崩しの方程式」への考察

お金を考える以上に、自分の価値観というかどんな生活をしたいのか、どう生きたいのか、それなくして人生計画予算はあり得ないのだと思います。絵? ぼくの価値観? 今考え中...!

確定拠出年金

【本記事におきまして、写真の表示が不安定で、表示されない場合があるようです。原因調査と対処作業中です。ご迷惑をおかけしているかも知れません。申し訳ありません。】++++++++++++++++++++ ちょうど今世紀が始まった頃だから17-8年…

またまたいつものお金のハナシですか?ヽ(´▽`)/

小学校の4年生ぐらいだったと思う。毎週読んでいた少年マガジンに、マノック商会という通販会社の広告があって、シーモンキーとか、銀玉鉄砲に毛の生えたような玩具を売っていた。その惹句が:「売り切れ迫る!今すぐ申し込みください!」でした。真に受けた…

お金を持つと身体が「むずむず」するんだよ。

先日、20代半ばの若い友人と話していたときのこと...... 「ちゃんと貯金をしているか? お給料もらったら、すぐに天引きの財形とかで貯金をするんだよ」 若い頃、自分では貯金なんて全然できていなかったくせに説教モードです。 あー、説教するのは気持ちが…

お給料日前になると...

時間をかけて、家計を見直してきて、自分にとっての身の丈サイズの「衣食住・遊」が見えてきました。って、言っちゃっても、ちゃんと管理してたつもりが、結構な冗費がありました。ちょっとコーヒー飲んだり、小物買っちゃったり、バーに行ったり、外食した…

そんなにお金が要るのかよ?! アオるねえ.....( *`ω´)

定年後、老後のことについては、いろいろ不安を煽られまくりです。 ・「長生きリスク」だってさ! ・「貯金のリスク」ときたもんだ! 長生きは喜ばしいものだし、一所懸命勤勉に働いて、節約して、コツコツお金を貯めることは素晴らしい生き方だとぼくは思う…

家計の見直しと筋トレの類似点

カネゴンになってしまうと、いくらお金があっても足りないので、なんとかヒゲオヤジを逆立ちさせなければなりませんでした。 tavigayninh.hatenadiary.jp そこで思い出したのが、大昔に読んだ、木村剛「投資戦略の発想法 ー ゆっくり確実に金持ちになろう」…

ヒゲオヤジはさか立ちするか? ヽ(´▽`)/

以前、2015年1月だから今から2年と数ヶ月前のこと。当時のブログにこんなことを書きました。 先日、外国人の同僚が会社を辞めるつもりだと言っていた。年を聞くと58歳という。辞めた後どうするの?ときくと「釣りでもして暮らすさ」と答えていた。 僕は58歳…