〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

● ポストサラリーマンライフ 

ぐるぐる回れ!こっちはもう身体が乾いてきたよ!

ぼくなんかは素直なマヌケだから、頭のいい人たちが、「xxxして生きるべきだ」「これからはxxxではなくてzzzですよ」「タレで焼き鳥は食べてはダメ、これからは塩ですよ塩!」」と言っているのを聞くと、うん、うん、そうだよなぁってすぐに共感してしまう。…

生活におけるデフレーション

以前、40代の半ばからスポーツジムにすごくはまっていた。 そのころは週5で通っていたのです。体力があったんだね。休日の特別プログラムがあるときなどは、ジムに一日中いて3本も4本もプログラムに参加した。 今では、そんな体力はなくて、多くて週三、一…

七夕に雨が降ったらどうすんだよお!

子供のころなら、「どうすんだよお?!」って泣きながらウルトラマンにきけばよかった。 今では誰も答えてくれない。 もし、「答え」だというものを教えてくれる人が今いたら、そいつは、ドロボウ・セミ人間・詐欺師、そのどれか/すべてだと思っていれば、ま…

自転と公転の違いについての一考察

幸福は、気まぐれに単発で突然やってくるだけだが、不幸は、計画的に運行される貨物列車のように必然的に明確な意図を持ってやってきて、そしていつまでも途切れることなく続く。 誰か気取った作家が言ったことか? 知らねえけどさ、要するに、泣きっ面に蜂…

お金を持つと身体が「むずむず」するんだよ。

先日、20代半ばの若い友人と話していたときのこと...... 「ちゃんと貯金をしているか? お給料もらったら、すぐに天引きの財形とかで貯金をするんだよ」 若い頃、自分では貯金なんて全然できていなかったくせに説教モードです。 あー、説教するのは気持ちが…

自立と依存

「自立」というと何にも頼らないこと、と思っていました。ところが、障害者さんの自立というのは、逆に「依存先を増やす」ということである、と。 「依存先を増やして一つ一つへの依存度を浅くすると、何にも依存していないかのように錯覚できる」そういう考…

そんなにお金が要るのかよ?! アオるねえ.....( *`ω´)

定年後、老後のことについては、いろいろ不安を煽られまくりです。 ・「長生きリスク」だってさ! ・「貯金のリスク」ときたもんだ! 長生きは喜ばしいものだし、一所懸命勤勉に働いて、節約して、コツコツお金を貯めることは素晴らしい生き方だとぼくは思う…

心配性なわたし

将来のことを考えると不安になるのは、生物としての人間としてはしょうがない的なことをどこかで読みました。 人類の進化の長い過程をへて、気まぐれなDNAによってわれわれの思考がそうプログラムされているそうです。 なるほどね、ぼくが定年後や会社を辞め…