〜 ハリセンボンのおびれ ・旅芸人 〜

生活と愉しみ そして回想・朽木鴻次郎

その手には乗らないのだよ、老獪だからね

 

f:id:tavigayninh:20171202074421j:plain

 

スコッチやバーボンは好きでたくさん飲んでいる。味の違いは、飲んだその場ならわかる。

 

「ほほう? 私はスカッチはもう40年以上嗜んでおりまして、数年に一度はアイラ島にも行っていますが、まだまだ味はわかりません。美味しいスカッチって一体なんなんでしょうかな? 深いものです。それが分かるとはあなたはすばらしい味覚・嗅覚をお持ちですな」

という様な発言をする人がいる。

 

ブルシット!

 

たまたまウィスキーを例にとったが、なんでもいいのだ。趣味や嗜好品の世界ならわかりやすいからお酒を例に出した。バーボンウィスキーでも、お菓子・スイーツでも、プラモデルでも、落語でも、映画でも、機械式時計でも、自動車でも、なんでも。

「あなたはxxxがお分かりなのか。私にはまだまだ分からない」

「ワタシも昔はxxxとはxxxなんだろうと分かったつもりでしたが、今は到底そんなお恥ずかしいことは申しません」

などとという人は何が言いたいのかというと:

「お前の分かっていることなどは程度が浅い。自分はもっともっと深いところが分かっているし、さらなる深淵を追求しているのだ。道を極める旅人なのだよ。おまえよりもずっとずっとレベルが高いのだ。つまり、おれの勝ちなのだ」

と言っている。

 

自慢しているのだ。

自分の方が上だとマウンティングしているのだ。

知ったかぶりをしているの。

 

大変下品なことと知るべきでしょうね。

 

こういう台詞を言われるとカチンとはくるが、ぼくもいい歳なのでほほう左様ですかとスルーすることもできる。どっちが上でも下でも、右でも左でも、どうでもいいからだ。そっちの土俵にはいかないよ。その手には乗らないんだ、お門ちがいさ。

 

でもちょっと腹に据えかねることもあるんで、こういう記事を書いているのだ。

うまいラーメンは食えばわかるのです。

 

f:id:tavigayninh:20171202075328j:plain

 
もう一つ重要なポイントがある。

 

それは、「わかる」という感性の鋭さと、どうわかっているかを言葉で説明することができる「表現力」の豊かさとは別のものなのだ。

テーブルにグラスを二つ並べて飲み比べて見ればワインの味の違いはわかる。しかし、その違いを表現するのは僕には難しい。適切な語彙も持っていないからだ。だけどさ、「富良野の草原を吹き渡る春風」と「江戸川の土手にふと感じる秋の涼風」との違いであると言われてもなぁ......ヽ(´▽`)/コマル

セブンイレブンのフランクフルトの美味しさをどう表現したらいいのだろう? 

少なくとも、ついてくるマスタードはかけすぎないほうがいいです。

f:id:tavigayninh:20171202074721j:plain


金木犀の気品あふれる香りに満ちつつも口に含むと熟成した銀杏が歩道に潰れているかのような複雑な深みがまず舌に一瞬感じたのちおもむろに口腔全体に広がる黄金の炒飯... 

って、お前は海原雄山か!

 

      f:id:tavigayninh:20171202075843j:plain


山西姑娘の作るチャーハンには罪はないのだ ヽ(´▽`)/


 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

東山白川・おそば「枡富 」さん・和菓子工場

f:id:tavigayninh:20170803103121j:plain

 

先日、久しぶりに白川橋の「枡富 」さんでおそばをいただきました。地下鉄東西線の一番出口から出て、ちょい東の小道を北に行くとそこがお店ヽ(´▽`)/ 

こちらのお店は京都で大好きなおそば屋さんのうちのひとつ。

 

やさしいお出汁が特色かな。

この日は「イモ蕎麦の冷たいの」の定食をいただきました。季節でメニューは変わります。

冬はあったかい鴨のおそばなんかがおいしいよ!

 

公式ホームページはこちら。

↓↓↓↓

www.masutomi.biz

 

 

枡富そばのお隣が和菓子屋の「祇園饅頭」さんのお店、ではなくて、工場...!

 

f:id:tavigayninh:20170803103527j:plain

 

祇園饅頭さんは南座にある有名老舗お菓子屋さんなんです。こちらはそのお菓子を作っている工場で、ここでお菓子を買い求めることもできるんだけど、工場なだけあってお商売は「職人さん」が売ったはりますな。

張り出してある「お品書き」は季節によって変わります。ここで頂くことはできないのでお持ち帰りになります。

 

祇園饅頭 | 祇園商店街振興組合

 

白川沿いに北に上がって、岡崎・平安神宮。この小道はなかなか風情がありますです。

 

f:id:tavigayninh:20170803105043j:plain

 

白川のお家にすだれがかかる。

 

f:id:tavigayninh:20170803105107j:plain

平安神宮

 

平安神宮・岡崎エリアには京都駅からバスでもアクセスできますが、地下鉄東西線の東山から白川沿いに北に歩いて行くルートがぼくは好きです。

 

この日はすごく暑かったヽ(´▽`)/ 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

赤と青、そしてむらさき

f:id:tavigayninh:20170806173745j:plain


ルールとか決まりごとというものは、いかに厳格に定まっているように見えても、その道のプロにかかってしまうと、その基準をちょいちょいと上下左右に動かして、黒を白に、善を悪に、生を死に変えてしまうことはとても簡単なことだ。

写真の編集ソフトのようだね。

厳格に定められたルールでさえそうなのだから、「正義」だとか「善」だとか、「人間らしさ」といったような、とってもソフトで鍵善の葛きりのようにプルプルしたものについて、「どう理解しているんだ?」なんて持ち出されたら困ってしまう。

 

f:id:tavigayninh:20170806173802j:plain



「おまえにとっての "XXX魂" とはなんだ?」

「xxxの本質をどう考える?」


こういう質問・問いかけをしてくるのは、たいていが後出しじゃんけん野郎だ。女性もいるけどね。

Aだと答えれば、Bだろうと言われ、Bですと答えればCなんだよお前は全然わかっていないのかと殴られるのだ。

それならば「わかりません」と答えると、意識が低い、たるんでる!と、これまた殴られる。

 

f:id:tavigayninh:20170806174100j:plain


誰かが答えのない質問をしてきたら要注意。特に自分の意見を言わない後出しじゃんけんされたら、そんなクイズには勝ちようがない。

ムラサキ色を見せらて何色だ?と聞かれる。「青い」といえば違うと言われ、「赤い」と答えるとバカかと嗤われる。

ではみたまんま感じたまんま「ムラサキです」と言ったら?

 

そんな色は「認めない」んだってさ。

認めないってたって、ムラサキ色はあるよ。

 

プリンスの歌を知らないのかね?

 

www.youtube.com

  

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:カメラと写真・旅芸人〜タバスコとシナモン
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh